タグ:タコ ( 16 ) タグの人気記事
カレイ前半戦のラストチャンス
のっこみ期のカレイ釣り。
カレイ釣りの前半戦にはほとんど行かずじまい。
最後のチャンスかなと、夕方に安近短で行ってきた。
d0044628_22431566.jpg
釣り場は風が強く、釣りにくい状況。

重量感はあるが引かないのはタコ。
d0044628_22434452.jpg
寒い時期にはタコがかかることがあります。

小さいながらもカレイが1枚。
d0044628_2244818.jpg
これは産卵に絡んでいなかったよう。

という訳で、チャンチャンと2時間釣ってきました。
それにしても、寒かった。
[PR]
by angler_susumu | 2013-12-29 23:00 | 釣行記 | Comments(2)
カレイ狙いも
先週はカレイ狙いだったが、カレイは釣れず。
ならばと、釣り人が少ない平日に慣れた近場へ。


中~大型のカレイを複数枚釣るつもりだったが、30cm半ばのカレイが1枚。
d0044628_12331676.jpg


代わりに、良い型のタコが釣れてくれました。
d0044628_12334850.jpg

[PR]
by angler_susumu | 2013-12-13 12:00 | 釣行記 | Comments(2)
納竿大会に参加して
昨日はリバティさん達のお誘いもあり、えのみやサーフさんの納竿大会に参加してきました。

夜の2時から釣り始めたので、釣れたのはアナゴ。
他に釣れる気もしてなかったので、小さいのを除いてキープ。
d0044628_21255630.jpg


暗いうちにタコも釣れ、夜が明けてからも1杯追加。
これで、お土産はOK!
d0044628_21262913.jpg


カレイも釣りたかったが、40cmオーバーのアイナメ。
自己新です。
d0044628_21265771.jpg



日にちが変わってからの更新にも拘らず、釣果写真だけになりました。(汗)

えのみやサーフの皆さん、参加された皆さま、お疲れさまでした。
[PR]
by angler_susumu | 2013-12-09 21:00 | 釣行記 | Comments(2)
数は少ないけれど
最近、野暮用がめっきり増えてきた。
野暮用同士がバッティングし、スケジュール調整もままならない状態。

さて、本日の野暮用は午前中で終わり。
昼過ぎ遅めの出発で、夕まず目にかけてのカレイ狙い。
近場だけど、ここでカレイ狙いで竿を出すのは今日が初めて。

釣れない時の保険として、キス狙いの竿も1本出しておいた。
釣れる釣れないは別として、冬ギスのポテンシャルが気になった。


15:30頃釣りを始めたが、終始アタリも無ければ餌も取られない。
時折、イトヒキハゼが餌をついばんでいただけ。

真下に落としていた竿だが、ジーっとカレイを思わせるドラグ音が鳴った。
2時間半経過した18:00にようやくカレイGET!
d0044628_21212282.jpg
やれやれ、一安心。

それ以降、夕まず目は慌ただしい時間帯となった。

イイダコが釣れたり。
d0044628_21214454.jpg
その後、手長タコも。

キス仕掛けの竿の竿尻を浮くアタリがあり、上げてみると24cmのキスがいたり。

竿を全部で4本出していたので、あれやこれやと大変でした。


少数ながら何とか集合写真を撮影。
d0044628_2122296.jpg

カレイは30cmないけど、そこそこの良型。
キスの24cmにお目にかかるのも久しぶりだし。
狙いもしないタコも、小型ながら2杯釣れた。

最初はどうなることかと思ってたが、終わってみればなんとなく釣れちゃったみたい。
[PR]
by angler_susumu | 2012-02-25 22:00 | 釣行記 | Comments(2)
カレイ釣りの端境期に
カレイ釣りのシーズンは、産卵期の前半と戻りカレイの後半に分かれる。
今は、ちょうどその端境期となる。

昨シーズンまでの経験から察するに、前半は年末まで。後半は3月中旬頃に再開する。
その間、カレイがまったく釣れないというわけではないが、釣れても数・型ともに極端にダウンする。
釣れる個体もハイシーズンに比べて薄っぺらくて、食べても味は落ちる。


今年はこの時期を利用して、カレイの喰いを立たせる方策が無いか等、色々と試してみたいと思っていた。
云わば、カレイのスイッチ・テスト。
食いが悪い時期こそ、検証しやすいのではないか。
もし、カレイの喰いを立たせる方法があるとすれば、従来の地合いを待つ釣りから一歩積極的な釣り発展するだろう。

年末よりこんなことを考えていて、カレイのスイッチを入れるアイディアもいくつかある。
釣りに長けた方と話をしていると発想も拡がってゆく。

だが、所詮ひとりではテストしきれない壁を痛感し、アイディアの試作品を作成するのが面倒なこと、そして、なにより冬の寒さに負けてしまい、カレイのスイッチ・テストの話はどこへやら。。。(自爆)


さて、昨夜はそんなに冷え込まなかったので、いつもより早い時間帯に意気揚々とカレイ釣りに向った。
ところが、これが裏目に。

昨日みたいな日には釣り人もやる気が出るみたいで、人が多いんですわ。
なんせ釣り場が空いていない。(泣)
ハイ・シーズンでもこんなに竿が並ぶ光景は見ないほど。


やむを得ず別の場所に移動して、一時間ほど夜カレイの新ポイントとならないか竿出し。
結果は、BOZ。

実績場に戻るも竿は並びっ放しなので、車を30分走らせメバルの新釣法のトライアいるに挑むが、こちらも構想倒れ。
修正点を確認し、次回やり直しとなった。


実績場に入ったのは3時間後。いつもならさっさと帰っている時間。
いつものポジションには、ここでよくお会いするYoshiさんがメバリングの最中。
Yoshiさんは置き竿も1本あり、竿のポリ袋の中でカレイが暴れていた。
端境期なのにカレイが釣れてました。1投目で釣れたとか。


他人が釣ったカレイの姿は拝見できたが、自分の竿にはなんら反応が無い。。。
まぁ、そんな時期なんですけど。

Yoshiさんが帰宅されてから、釣果が不安なまま続ける。
反応が無いので、餌を動かして誘ってみる。

ついに反応を感じた。
だが、引かないし重たくもない。
d0044628_19501374.jpg
イイダコ。
大きなマダコだと、嬉しいものだが。。。


続けて誘っていると、ク、ク、クーっとしたアタリ。
やはり、引いたり、誘っていて、手に竿を持っているときにカレイが食ってくると、面白い。
d0044628_1955254.jpg


あとは、20cmクラスを1枚追加。
d0044628_19562026.jpg
今日は、2枚のみ。


戻りカレイは来月のいつ頃始るのか。
それまでは、他の魚を釣っておきたい。
そして、夜カレイのポイント探索をしなくては。。。
[PR]
by angler_susumu | 2009-02-15 20:03 | 釣行記 | Comments(10)
冬のキス釣りは、寒~い
前回の釣行は、先週の金曜日。
ちょうど一週間、釣りに行かなかったことになる。
なんでも今週末は今冬の一番の冷え込みだとか。

カレイ釣りは端境期のため、狙いはシロギス。
雪が降っているのに。。。


出発は午後。日没までの短時間に賭ける。
風の出やすい江田島湾のいつもの場所は避け、K島某所へ。


準備している時こそ風はそれほど強くなかったが、釣り始めると突風交じりの強風が吹き続く。(涙)
隣で釣っていたメバル師も強風のためか車に避難しているとき、そのメバル師ののべ竿が風に飛ばされ、海に落ちてゆく。。。
飛ばされた方向が私がサビいている傍だったので、かろうじて片手で穂先をキャッチ。
事なきを得た。


釣れるキスもイイダコも、海中から出た途端、とても寒そうである。
d0044628_2363549.jpg

そんな状況の中日没まで釣ったところで、積雪&路面凍結が恐くなり夜の部は見送り。
大人しく帰路についた。


これは、帰り途中で撮った写真。
d0044628_2315550.jpg
寒かった~~~



なお、今日のキスは小さめで、18cm迄が8匹。
d0044628_23142287.jpg

[PR]
by angler_susumu | 2009-01-24 23:17 | 釣行記 | Comments(14)
いざ、江田島湾へ
ようやく、今年初めて江田島湾に行ってきました。

d0044628_1716935.jpg


晴れ間もほとんど現れず、途中強風が吹き続け、寒かったです。

d0044628_17162888.jpg


釣果は、キスが11匹と、

d0044628_17164778.jpg


隠れ本命のイイダコが4杯でした。

d0044628_1717382.jpg

[PR]
by angler_susumu | 2009-01-16 17:17 | 釣行記 | Comments(14)
ちょっと変?
ある情報を基に期待しながらいつもの場所に向ったが、今朝は寒かった。
帰りに道路に設置した温度計を見ると3℃。
そりゃー寒いわ。(自爆)


本日、大変に寒かったのでちょこちょこ悪さする気も出ず、タコは狙わなかった。
で、最初に釣れたのはタコ!
d0044628_11391616.jpg
このタコ、異様に足が長い。
こんなに足が長いので、きっと手長タコだろう。


もう1匹の釣果は、異常なまでイナバウアーをするカレイ。
d0044628_1143656.jpg

マコガレイは内側に曲がり、イシガレイは外側に反る習性があるとの話を聞いたことがあるが。。。

さてこのカレイ、マコやイシとは明らかに違う。
(もっとも、私、イシガレイを釣ったことが無いのですが。。。)

d0044628_11461977.jpg
これ、メイタガレイかな?



1時間延長して3時間も頑張りましたが、貧果でした。(汗)
それにしても、さぶ~い。
[PR]
by angler_susumu | 2008-12-23 11:49 | 釣行記 | Comments(10)
予定通り、新規開拓は失敗
昨夜はカレイの夜釣りポイントの新規開拓に出掛けましたが、予定通りホゲました。

目指すは、K島の某有名漁港。
波止場の付け根は横に砂浜が広がっていて、大型のカレイが近投で釣れた話も聞いたことがある。

目を付けたのはここ。
 カレイの実績+(かなり明るい)常夜灯+浅い
今、頭にある条件は整っている。

夕方出発し、車を運転すること約2時間弱。
久しぶりの遠出である。

駄目モトでの釣査だが、到着してみると3つある常夜灯で点いていたのは先端のみ。
どうやら、釣り人が多いため真ん中と一番手前の常夜灯はずっと消されているとのこと。
私の目論みは見事外れた。

とりあえず海の様子をチェックすると、結構明るい。
漁港内側に向いている灯りが外側にももれていた。

明るさはまずまずの合格点。
月夜の灯りとで明暗がハッキリしていないのが気に放ったが、とりあえず竿を出してみた。

流石に釣り人は多く、何組もの人たちが通り過ぎて行く度、話しかけられるのが恥ずかしい。
なぜならこの波止でこんな手前で釣りをする人なんていないから。

「釣れますか?」「何を釣ってるんですか?」の質問に、
「ぃ、いや、その~ぅ、なにか釣れないかと思って。。。」と生返事に答える。

結局、予定通り、ホゲました。
次回は別の場所を釣査するかどうかは未定。





このような展開は予め予想していたので、現地に向う前に実績場で1時間ほど。

カレイはオリジナル仕掛けで釣れた。
d0044628_13405176.jpg
この仕掛けにはなんとかく冷ややかな視線を浴びているようで、最近は使用を控えていた。
でも、オリジナル仕掛けで釣れるんだよな~。
カレイは20cm級だが1匹だけ確保。


他に釣れたのは、タコ。
これはでかかった。
竿がきれいな「逆Uの字」に撓るが、水面から離れない。
玉網も無いし困ったが、ドラグをガチガチに閉め、一か八かの取り込みに成功♪
d0044628_13452496.jpg
重量は、恐らくは自己BESTの1.1kg。


さぁ、次回からはカレイ夜釣りの新規開拓は諦め、タコを狙ってみるかな?(笑)
[PR]
by angler_susumu | 2008-12-14 13:23 | 釣行記 | Comments(12)
一体、何を釣りたいねん?(後半)
釣果不調の時は釣りたい魚がどんどん変わってしまう。。
昨夜もそうだった。


カレイを釣っている最中に、隣の釣り人のクーラーボックスから「バサバサ、バサバサ」との音が聞こえているような気がしていた。
気に留めない。今日はカレイだ!と言い聞かせながら、2本のちょい投げ竿に集中する。


餌のチェック中、ふとある魚が視野に入ってしまった。
それは、20cmをはるかに超える良型のアジ。
ここで、こんなアジが釣れるとも思ってなく、意表を衝かれた。


すぐさま心が揺らぎ、『僕達、友達よね』作戦を実行。
 す 「いいアジですね~」
 隣 「今日ではこれが一番大きいです」
 す 「どこら辺で釣れました?」
 隣 「群れが入っているんでしょうね。○○○の辺りです」
 す 「へぇー」
 隣 「サビキだったらもっと釣れるでしょうね」
 す 「ほー、サビキ仕掛けはあるからやってみようかな? 撒き餌は無いけど。。。」
 隣 「ふふ」

作戦が功を奏し、ごく自然に、お隣での竿だし許可を頂き、アジ用の準備に取り掛かる。


 サビキとは言っていたが、隣の方はソフトワーム。
 サビキよりワームが良いのかも。
 でも、ソフトワームはしない主義だし、メタル系で勝負するかな?
 ところで、竿はどうする?
 トラウトロッドかエギングロッドか?
 トラウトロッドだとラインは極細だし嫌だな。
 やっぱ、エギングロッド?
 サビキ仕掛けならちょい投げ竿がいいんだけど、今カレイ釣りで使っているしな。


なんて、タックル&仕掛けで一人孤独に悩む。
悩んだ挙句チョイスしたのは、エギングロッドにサビキ仕掛け、錘はメタルジグで大物狙い。となった。


サビキを投入すること、数投。
アタリがあった。
ゆるゆるドラグにもたついている間に、空中でナチュラルリリース。
久々のアジを目の前でバラしてしまった。(泣)

その後、アタリはあるもの、乗らないキャストを続け、
ようやく1匹GET♪
写真撮影しようと思ったら、針が外れ地面にバタン。
で、写真はなし。


アジのアタリもなくなり、さらに向こうからは墨吐き音が聞こえていた。
どうやら誰かがでっかいアオリイカを上げた模様。
エギングに心揺らぐも、カレイに集中!と言い聞かせ、ちょい投げ竿の餌チェックを続ける。

すると、置き竿になっていたエギングロッドが重たい。
ゆっくり丁寧に巻き上げ取り込むと、最近よく釣れるマダコ。
d0044628_11424967.jpg

ここで、先ほどの隣の釣り人が再登場。
 隣 「なんですか?」
 す 「タコです」
 隣 「サビキに来たんですか?」
 す 「 (掛かっている針を確認して)。いや、メタルジグですね」
ところで、タコってサビキ釣りでも釣れるのかなぁ~


さて、ブログネタも釣れて、アジも釣れなくなった。
そうそうカレイなんて、とっくに上の空。(爆)


落ち着かぬ釣りだが、エギングロッドを手にしていたことだし、車にエギを取りに戻って、さらにエギング開始。

で、一投目。
底を取ろうとしていたが、根関係が掛かっているようでよく分かんない。
回収すると、白い物体が掛かっていた。
もう浮き上がっているし、重たいけどとりあえず取り込む。
d0044628_11505082.jpg
Oh! 良型のアオリじゃー!
このアオリなら1杯でも満足。


数は出なくてもイカ・タコの良型に満足し、納竿。
いろいろあった2時間半だった。
d0044628_11542887.jpg


一つの記事にタグが3つまでしか入らないので、前・後半の2部作にしております。
[PR]
by angler_susumu | 2008-11-09 12:00 | 釣行記 | Comments(14)