タグ:大崎上島 ( 14 ) タグの人気記事
久しぶりの大崎上島
久しぶりの大崎上島。 出発は、午前4時。
メンバーは、いつもの釣りじいさん、さちさん、そしてHIROさん。 それと、運転手を仰せつかったすすむです。

[EPISODE1] 給油口事件
本日の車は釣りじいさんとこの車。 ところが、ガソリンメーターがEMPTY。
すぐにでも、ガソリンを給油しなければと、焦る。

ところが、こんな時間帯に開いている(有人の)ガソリンスタンドは残念ながら無い。セルフのスタンドは開いていたので中に入る。
入ったはいいが、、車の給油口が何処にあるのか分からない。
釣りじいさんと私の2人が車の周りを、ぐるぐる回る。
釣りじいさんが、「ここじゃない?」といったところ。私は、「ここは、骨(柱)になるところだから違うでしょ]と。 ほんと、分かっていない二人。

そこで、恥を忍んで、事務所で待機していた方に、尋ねる。
「すみませーん。普段運転している人がいないんで分かないんですけど…」
「給油口って、どこか分かりますか?」
普通、こんなことを聞くかって事を、平気で聞いてみせる。(大汗)

その方は、「わしゃー、分からんよ~」と言いながらも車を指差すと、すぐに給油口を空けるレバーを引いてくれた。
すると、先ほど、釣りじいさんが言っていたところが、ぱかっっと開いた。
やれやれ。


[EPISODE2] 迷子事件
大崎上島に上陸。
キス釣り一筋ン十年の釣りじいさんを、四季釣造さんのヒジタタキポイントに置いて、いろいろ狙いえるポイントに向う。
ところが、予想外ではなく、予想通り、道に迷う。

早めに対処しようと、これまた恥を忍んで、朝早くから、四季釣造さんにTEL。
す 「いま、○○の○○○を過ぎたところに居るんですけど…」
四 「・・・」
 (しばらく会話して)
四 「おっ、待てよ。 今そこに居るよ!」
すぐに、四季釣造さんの車が目の前に到着。

なんとも、グッドタイミング♪
釣り場までエスコートしていただきました。
やれやれ。



さて、釣果を予定していなかった運転手のクーラーボックスには、ウマズラハギ3匹。
d0044628_19452455.jpg
これは、釣り開始10分そこそこで釣ったもの。 あとは、いろいろ手を出してみるも、無駄な抵抗に終わった。

釣りじいさん、さちさん、HIROさん、お疲れ様でした。
四季釣造さん、頼りにならない運転手のサポートを有難うございました。
[PR]
by angler_susumu | 2006-11-05 19:45 | 釣行記 | Comments(12)
これって、ジンクス?
今、使用しているクーラボックスは小さめ。 と言っても、通常はこのクーラー1つで用は足りる。
クーラーに入りきらないほど釣れることは滅多にない。記憶に新しいところでは、昨年12月の太刀魚と同年11月のカタクチイワシくらいかな。
おっと、カタクチイワシは釣ったのではなく、掬ったんだった。(笑)

なので、夜釣りから昼になだれこむ予定の時やちょっとした遠征なんかでは、補助用にもう一つクーラーを持って行ってしまう。
釣った魚を補助用に移し、いつものクーラーは持ち運び用に使用するためだ。

ところが、クーラーボックスを2つ持っていくと、なぜか釣れないんですよね。
これって、ジンクスなんでしょうか?



一昨日の大崎上島の帰り。荷物を車から降ろしているときのこと。
座席の下に隠していたクーラーを取り出し、釣りじいさんが聞いてきた。
 爺 「このクーラーは誰の?」
 す 「あっ、それ、私んです」
そうです。クーラーボックスを2つ持って行きました。
釣れなかった理由は、もしかして・・・



(おまけ)
一昨日は餌の消費量が少なかったため、余った餌の有効活用にと今朝ほど近場に出撃。
餌は元気が無く、その餌の所持人である釣り人も元気が無かったので、餌を海にリリースして帰宅。先ほどまで、WBCを見ていました。
[PR]
by angler_susumu | 2006-03-21 17:01 | 魚釣り 雑感 | Comments(6)
大崎上島で自己新記録! 夕食にはキスのフライが…
名目上の目的は越冬ギス探索で、再度、大崎上島に上陸した。
目当ての場所は、キス居場所研究家“釣りじいさん”の目利きによるポイント。
だが、風には勝てなかった。正面からの強風に、あえなく撤退し、風裏に移動。

移動に際しては、大崎上島の地理は全く分かっていないので、ナビゲーター(釣りじいさん)の「次、右へ」「次のとこ、左」「ここは、まっすぐ」の言葉の通りに運転する。
で、結局どこを走っているのか、私には全くと言って良いほど分かっていない。

さて、釣果ですが、皆さん根掛り(藻掛り)に苦しむ中、私は釣りましたよ。
なんと、自己新記録! イソベラの部だけど。(笑)
d0044628_19325945.jpg
22、23cmと言ったところですが、体高があったのでホント大きく見えたんですよ。

他に目立った釣果は私にはありませんでした。 ぎゃは!


それなのに、なぜだか、夕食にはキスのフライが。
最後のストックだそうです。
[PR]
by angler_susumu | 2006-03-19 19:35 | 釣行記 | Comments(14)
いよいよですね
いよいよですね。 あちこちの掲示板に「19日」の文字が・・・

シーバスバラシショック以降、釣りに行けていませんでした。
昨夜は、久々のチャンス!と思いきや。
今週はなんだかんだと、結局は疲れて寝ていました。
先ほど起きたばかりです。
これじゃ、シーバスなんて、釣りゃーしない。 ぶつぶつ
[PR]
by angler_susumu | 2006-03-18 11:35 | お魚釣りのぶつぶつ | Comments(10)
Gーバル乗っ取り作戦、決行か
グローバルっ子のみんなは、気にしないで読んでね。 軽いジョークですから。
と言っても、私のブログなんか見ていないでしょうけどね。(笑)

釣りじいさんのブログを拝見していると、3月某日の釣行が濃厚とのこと。
これで、G-バル乗っ取り作戦の幕開けかな。

以前、釣りじいさんの書き込みで「いつでも、乗っ取って~」なんてことが書いてあった。
実は、タイミングを虎視眈々と狙っていた。 なーんて。

気になったので、一昨日の昼休みに直接、電話を入れる。
これで、ほぼ確実だと判明した。

ついにその日が来る。 ぎゃは!

 す 「車は・・・?」
 じ 「あっ、うちので行きましょうよ。荷物ががんがんに載るし」
 す 「あの車、普通免許で乗れるんですよね?」
 じ 「そうそう、大丈夫だよ。」

乗っ取り作戦の第1弾は、G-バルの送迎バスの運転席だー!
う~、運転できるかな?

次なる第2弾は、未定です。

でも、気になることが一つある。
じい様の口から出てきた行き先の地名は、大崎上島ではなく、「大島の上島?」
大丈夫かな?(爆)
[PR]
by angler_susumu | 2006-02-16 21:40 | 魚釣り 雑感 | Comments(8)
VIVA! 大崎上島 (6)
いよいよ本番のキス釣りです。
釣造さんは所用のためご帰宅。 残った3人で、朝一番に満員御礼ですげすげと逃げ去ったポイントに戻る。 釣り人はお1人。
そこで、投げ釣りが始まる。

まず、釣りじいさんが一投目で27cmのキス。 だから~、釣りじいさんより先に投げたかったのに…
私にもキスが釣れる。
釣りじいさんは、27・20・18cmと立て続けに釣れたので、ご満悦のご様子。
夕まず目目前で、さっさと納竿になった。

本日のメインたるキス釣りの所要時間はほんの30分間だった。


いつもこんな感じで、釣果写真を撮っています。この写真を見てむなしさを感じるのは私だけ?
d0044628_2121451.jpg



The END
[PR]
by angler_susumu | 2005-11-17 21:15 | 釣行記 | Comments(6)
VIVA! 大崎上島 (5)
続きまして、場所を深場の波止に移しての、ROUND2です。

釣りじいさんは、もちろんキス釣り。
残りの3名は、波止の先端へ。
私が持っていたのは、エギングロッド。
釣造さんも、エギングロッドでアオリの生息確認をされたが、この日は居なかったよう。

気が付けば、釣造さんのエギングロッドにはハゲ仕掛けが付いていた。
さちさんと釣造さんは、ハゲ狙い。
そこに、さちさんの「サヨリだ~」の声。 この言葉に反応した私は、サヨリの姿を確認し、おもむろに車に戻る。
持ってきたのはのべ竿に、去年使っていたサヨリ仕掛け。

キスは釣れそうにないので、サヨリで遊んでみよってことで、サヨリの見釣りを始める。
5匹かな、釣ったところで、ハゲ狙いに変更。
仕掛けはそのままで、狙うが、この釣りは難しい。
なんたって、餌を、吸っちゃー、吐き、吸っちゃー、吐き、の繰り返しで、アワセのタイミングがぜんぜん分からん。

このあたりで、釣りじいさんから昼食の連絡が入る。
昼食は、さちさんが準備してこられた、おむすび・サバの味噌煮・○の隠し味の玉子焼き、その他いろいろ。
さちさん、ご馳走さまでした♪

波止場の先端に戻り、見釣りを釣造さんと2人で再開。
すると、グレの乱舞! 踊りまくってりゃー!
そこで、サヨリ仕掛けのまま、グレを狙う。
が、これには、無理があった。 グレは一段深いところに居る。
早い話がタナが全然合っていないのだ。

まず、タナを変えなきゃ。
ダンシング・グレのタナに合わすために、ガンダマが欲しい。
釣造さんに聞いてみるも、持って居ないとのこと。
釣造さんの仕掛けは、ハゲ仕掛けに錘はナス型。 そりゃ、ガンダマなんかお持ちじゃないですわ。
車に戻ればあるんだけど、長い波止だったので、そのまま居座り、無駄な抵抗を繰り返す。
そのうち、思い付いたのが、サルカンを錘に使うこと。
よっしゃー! 針が沈み始めた。
釣れるじゃん、のべ竿をキーンと鳴らしながらグレを釣る。 メバルも混ざる。
入れ食い状態が、しばらく続いた。 針はサヨリ針のままです(笑)。

釣果を上げるためには、タナの調整を小まめにしたい。
シモリウキをずらしていると、道糸がプチッと切れた。
だってこれ、去年使っていた、サヨリ仕掛けだもん。無理ないよね(笑)
道糸は車に帰るとあるのだが、これまた、性格が横着なもので、錘に使っていたサルカンに結んで、再開。

横着がたたっのか、魚の喰いが悪くなる。
そのころ、釣りじいさんと談笑をしていたさちさんが戻ってこられた。
さちさんにも釣ってもらおうと、釣造さんとアシストするが(私は邪魔しかできないけど…)、先ほどの勢いは無い。

すると、穏やかな釣造さんが、「あっ、でかいハゲが来た!」っと、活気付く。
そのハゲの近くに居たのはさちさん。 で、さちさんに、是非とも釣ってもらうことに。
3度目くらいのトライアルで、見事釣っちゃいましたよ。 32cmのハゲ!
釣ったのは、さちさんですよ~

クライマックスが終わったので、ROUND2も終わろうと、釣りじいさんの様子を窺いに戻る。
釣りじいさんのキスの釣果は、ヒ・ミ・ツです。


(to be continued,as expeted)
[PR]
by angler_susumu | 2005-11-16 22:42 | 釣行記 | Comments(6)
VIVA! 大崎上島 (4)
今週始まった連載も今回で4回目。 そろそろ収束方向にしたいのだが、これまで釣りの話が出ていない。(汗)

いきなり、飛ばしまくりますよ~

四季釣造さんと合流して、まずはお薦めのポイントに。
だが、満員御礼のため、釣り場の状況も把握しないまま、即移動。
こうして、ROUND1が始まった。

道からの投げ釣り。 よくやっている釣りだ。
しかし、この日はありとあらゆる餌取りが出現!
加えて、少し投げると、ぎっしりと藻、藻、藻!

ここでの私の釣果は、ギザミと小鯛。
私は、他の方たちとは少し離れて釣っていたので、気が付かなかったのだが、釣造さんの目の前にナブラができて、即、メタル投入で、サバをGETされたらしい。
釣りじいさんの釣果は不明。 ただ、キスは誰の竿にも掛からなかった。


(to be continued,as usual)
[PR]
by angler_susumu | 2005-11-16 21:58 | 釣行記 | Comments(2)
VIVA! 大崎上島 (3)
さてさて、ようやく、出発です。
道順は、地図と相談しながら、数日前より考えていた。
そして、山越えの入口の道も土曜日の未明に確認しとりました。

まずは、餌の調達かから。
餌は、青虫と石ゴカイを3人分。 なんたって、狙いの魚は落ちギス、尺ギス、肘タタキ、兎にも角にも、狙いの魚はキス!なんですから。
餌は確保した。

店員さんとの会話を再現してみると、
 店 「どこ行くん?」
 す 「ピクニック♪」
 店 「場所は?」
 す 「大崎上島なんです」
 店 「んで、クーラーにミカンを詰めて帰るん?」
 す 「そう、そう、」

こんな会話の最中も、釣りじいさんは、キスの仕掛けとカレイの仕掛けを選んでおられる。
流石、今日の釣りじいさんは、一味も、二味も違います。
キス釣り一筋、ここ一番の勝負仕掛けはその力量は発揮できるんだろうか。
でも、なんで、カレイ仕掛けもあるんだろう? (笑)
まあ、同じ投げ釣りだから、いいっか。

餌も調達して、いよいよ山越えの開始です。
山越えの状況は、時間の都合上、割愛させていただきます。

山越えも無事終わり、第2の待ち合わせ場所の安芸津港に到着。
ちょっと道を間違えて、逆方向からのたどり着いた。
そこに待っていたのは、さちさん。
釣りじいさんの話によると、この日が初対面とのこと。
と、ところが、10m手前から、釣りじいさんはとある車を指差し、「あ、あれが、さっちゃんだよ」って。
う~ん、怪しい。 (笑)
ここでの詳細も、割愛させていただきます。

ようやく、3人が揃った。
さちさんには、駐車場に車を止めていただき、荷物を無理矢理詰め込んから、フェリーで大崎上島を目指す。

大西港で下船。 釣造さんに出迎えていただいた。


そろそろ釣りじいさんのご帰宅の時間ですので、とりあえずここまで。
明日は釣りの話しが書けるかな。

(to be continued,again)
[PR]
by angler_susumu | 2005-11-15 22:00 | 釣行記 | Comments(4)
VIVA! 大崎上島 (2)
今年2度目、いや、人生で2度目、の大崎上島への釣行とあいなった。
まず、釣りじいさんのお迎えに。 最初の集合は朝の5時に釣りじいさんのご自宅。

誰かと待ち合わせをしての釣りなんて久しぶり。
いつも、朝起きたら、出かけるし。 朝寝坊したら、釣りは昼からにするとか。
または、夜のうちに移動しておいて、現地で仮眠。(←師匠方式)
なので、ちゃんとお迎えにいけるのかが、実は心配だった。
目が覚めたのは午前3時。 出かけるには早いし、もう一度寝ると起きれそうにない。
普段、仕掛けは現地で作るが、2個ほど仕掛けを作っておく。
実は、大きなキスは1投目に来ることが多いときいたので、釣りじいさんより先に投げたかったから…(笑)

そんなこんなで、出発。
ご自宅近くのコンビニに着いたのは、4時22分。 ここから1~2分で行ける距離。
またまた、時間調整のため、コンビニでスパゲティを買って、駐車場で食べる。
食べ始めて気付いたのだが、スパゲティはガーリック入り。
人とお会いするのに、ていうか、夜明け前から食べるには、選択を誤ったな。(汗)

で、集合30分前には、ご自宅前に移動。 待ち伏せ作戦がいよいよ開始です。
到着すると、釣りじいさんのお宅は電気が付いていない。 もしかして、まだ寝ていらっしゃるのかなと思いながらも、心配になり車の外に出てみた。 すると、2軒先の家の前で手招きしている人がいる。
そうです。 全く知らないお宅の前で車を横付けにして待っていたんです。 あ~あ
このとき、まだ、あだ4時30分過ぎ。集合時間の30分前です。

さてさて、出発です。


そろそろ仕事に行きますので、とりあえずここまで。 一体、いつ終わるんじゃー(爆)

(to be continued)
[PR]
by angler_susumu | 2005-11-15 07:30 | 釣行記 | Comments(4)