今年のアオリの状況は如何(イカ)に?
昨年不調だったアオリイカ。
確認すると、昨シーズンに釣ったアオリイカは8杯のみ。
シーズン当初こそは意気込んでいたものの、どこに行っても釣れない。というかアオリイカは居なかったとしか思えなかった。

今年は猛暑の影響か、海の中を眺めるとアオリイカの個体は確認できる。
ただし、サイズが~~~小さい。



9月も中旬に差し掛かったし、本日はエギング釣行。

最初に潮位が低くても釣りができる波止を中心に歩き回った。
アオリの姿は確認できるものの、他のエギンガーのようにGETできない。
エギングの未熟さを感じるだけ。

シャクって、誘って、イカがエギに近づく。
  でも、エギを抱かない。
近づこうとする瞬間、エギを遠のけ、イカを焦らす。
  でも、逃げる。
テンポよく、シャクリ直す。
  でも、イカは遠くから静観するだけ。
エギを動かし、イカの気を惹こうとする。
  でも、エギが反対を向いてしまい、逃げてゆく。
油断してたらエギにワンタッチしてたらしく、墨を吐いて逃げてゆく。
そして、挙句の果ての果てには、陸に上がってきたイカが私の頭の上から墨を吐き散らす。


エギングって、ほんとイライラします。
大の大人が小さなアオリイカにいじめられて帰ってきました。やれやれ。

3箇所回って、一箇所につき1~2杯の計5杯。(泣)
d0044628_18214129.jpg

いさぎよく諦めることもできず、帰り道を少し迂回してもう一箇所。
ここでは風が少しあり、潮の流れも早く、エギのサイズを大きめに変更。

最初は小さめの個体が釣れ、やれやれ。
d0044628_18265243.jpg

見釣りできない距離で、HITした個体は大きめ。

歩きながら様子を探った。

どうやら、投げる場所によって大きさにかなりの違いがあるように思えた。

足元でチョンチョンしていると、超小型が。
d0044628_18304824.jpg
ああ、これは失敗。失敗。
胴長5cmの個体であった。

連続でHITすることもあり、久しぶりにエギングをしているような気分になれた。
d0044628_18335641.jpg


昨年ひとシーズンの釣果(=8杯)を上回ることができた。

なんとなく今年のアオリは好調のような気がしてきた。
見釣りのエギングはイライラしてしまうので、遠投しての良型狙いで頑張ろうかな。
[PR]
by angler_susumu | 2010-09-12 18:45 | 釣行記 | Comments(2)
Commented by つーじ@研究室 at 2010-09-13 13:40 x
釣ってますね~もうそろそろいい時期ですね♪
ところで1枚目と3枚目、面白いエギ使ってますねーやはりエギも手を変え品を変えしないとダメですかねぇ^^;
Commented by angler_susumu at 2010-09-13 23:41
●つーじさん 
3枚目の写真のエギはツッコミが入るかと思ってましたが、1枚目も突っ込んできましたね。
1枚目は夜光ボディーだったかと。
3枚目はヤマシタの普通のエギです。ただ、布地がボロボロになったのできれいにはがしてます。

ご来広の際は、釣れるところにご案内くださいね。

すすむ (⌒0⌒)
<< 週末のエギング釣行 アイスジグに反応したアオリイカ >>