Hさんのエギングに挑戦(2)でビックリ!
先日エギングに初挑戦したHさん。
エギング2回目でナイトエギングに挑戦。

何とか1杯でも釣ってもらいたいと思い、
どこに行けば、釣れるか? 釣り人は多くないだろうか? と、この休みは場所選択に悩みに悩みまくった。
結局、車の中で気が向いた場所に行ったんだけど。。。

しばらくすると、Hさんがこの時期らしいサイズのアオリイカを釣っていた。
開始1時間すると、「なんか変」との言った後に、「こりゃ、釣れとるで」っと。
足元まで寄せてくると、確かにイカ。
でも、ドラグを締めているはずなのに、水面から抜けない。
とっさに、ラインを持ってたぐり寄せると、ビックリ!
d0044628_874995.jpg
胴長(甲長)が約32cm、重量は1.3kg越。
こんなの春でもなかなか釣れませんよ。しかも瀬戸内で。

いやいや、ビックリしました。
Hさんはこれを含めてアオリイカは5杯。ほんとよく釣られます。
因みに、私はBOZ。(汗)





という訳で、私はルアーFの練習に変更。
d0044628_8144534.jpg

d0044628_8145990.jpg
メタルジグを取り出して、小メバルや小サバと遊んでいました。(笑)
[PR]
by angler_susumu | 2011-10-10 09:00 | 釣行記 | Comments(2)
Commented by 釣りキチsankon at 2011-10-10 11:03 x
お疲れ様でした。記事を書くペースが驚異的なので、どこにコメントしようか迷いました(笑)。時間帯的なものもあったのだと思いますが、夕まずめからやればほどほどには釣れると思いますので、次回は早い時間帯からお出かけください。あるいは朝まずめを狙うとか。でも、一つでも釣れてよかったです、しかもなかなかのサイズでしたし。

それにしてもHさんのは目を見張るサイズですね。すばらしいです。夜出撃したくなります。

Commented by angler_susumu at 2011-10-10 18:27
●釣りキチsankonさん 
すぐに書かないと忘れてしまうので、速攻で記事をUPしてます。その分、文字数は少なく、淡泊な内容となっています。(笑)

先日はありがとうございました。おかげさまで、なんとか1杯釣れました。
激流では、エギを上手く潮に乗せることができるかどうかが、肝になるように感じました。
次回は、地形と潮の流れを考えながらやってみようと思います。

このクラスのアオリを見るのは2007年月以来になります。
この時私が釣ったのは、胴長30cm、1.3kg。
今回のは写真撮影の前に水を出していますので、同じ1.3kgでもHさんの方がやや大きです。

すすむ (⌒0⌒)
<< 天の声の導くままに 激流でようやく1杯 >>