海底の実態は?
今週は所用のため釣行記がありません。
その代わりにというのでもありませんが、昨年末の写真行UPします。

12月某日、いつもの近場でのカレイ釣り。
根掛かりしないとこに投げたつもりだったが、根掛かりしてしまった。

ガッチリ掛かってしまった様子なので、ゆっくりゆっくりと仕掛けを切りにかかった。
すると、少し動いた。
タコかもしれない、あるいは先日の釣りごろつられごろのシーンを思い出し、藻の中にカレイが居るのかも。

さらに慎重に対処する。
かなりの時間を要したが、海の底から出てきたのは、藻と石ころとそれに絡まっている釣り具。
d0044628_12133094.jpg

翌日、乾かしてみるが広げてみるが、見た目に悪いし、何が映っているのか分かりずらい。
d0044628_12135238.jpg
藻と石ころと一体化した釣り具は、エギが17個とジェット天秤と錘なしの天秤。


こんなのを釣り上げると、海底っていったいどうなっているんだろうと思う。
と同時に、安易にごみを海底に投棄することのないよう気を付けたいと思う。

先週も船の往来のある場所で、船の進行速度と水深、PEラインの浮力などの計算が甘く、ラインを高切れさせてしまった。もっと慎重に対処しなければと思う。

根掛かりした時にも、なるべくダメージを少なくする。
ガッチリ根が掛かったときにでも蟻があるく速度をイメージしてでゆっくりとのんびりと対処していると、針先だけが折れて、またエダス(ハリス)が切れて回収できることも多い。

ラインをむやみに細くして、高切れさせない。

釣りをしている限りは、ごみの海底放棄に繋がる行為をゼロにすることは難しい。
ただ、出来るだけゼロにするように努めたいものである。
[PR]
by angler_susumu | 2013-01-20 12:00 | 魚釣り 雑感 | Comments(4)
Commented by リバティ at 2013-01-21 03:06 x
話は聞いていましたが、写真で見ると本当に凄いですね。

私も、つい遠投すれば釣れると勘違いして、ラインは出来るだけ細くしがちでした。

釣り人の責任として、目に見える釣り場のゴミだけじゃ無く、海底のゴミも減らす努力もしなきゃですね。

ちなみに今週の釣果は、野暮用重なり潮止まりからの短時間しか出かけられず、大寒に相応しく!?

やってしまいました丸坊主(T^T)…。

異端期のカレイは、引き出しの少ない私には難しかったです。
(ひそかに又、アイナメでもと思ってましたが…。)

来週末は、潮周りは良い様ですが、はたしてどこで何を狙えば良いか?

頭を悩ませる時期です。

Commented by ハリー at 2013-01-21 11:33 x
気を付けているつもりでも 気づかない事がありますね~
私も随分 海底のゴミを作っていると思います・・・
特に根掛かり錘から取られる事がかなりあります。
今年からゼロエミッションで頑張ってみます。
Commented by angler_susumu at 2013-01-21 21:53
●リバティさん 
こんだけエギが絡まっていると、取り込むのに苦労しました。
重たくて、重たくて。

この時期のカレイはやせ細っているので、もう少し我慢しましょう。(笑)
広島市内のキス釣りも狙い目ですよ~

すすむ (⌒0⌒)
Commented by angler_susumu at 2013-01-21 21:53
●ハリーさん 
釣りをしている以上、海底のゴミをゼロにするのは困難ですが、ゼロを目指すことは大切だと思います。

すすむ (⌒0⌒)
<< 日本海に行っても釣果は謙虚に 能美島の冬ギス >>