カテゴリ:釣行記( 587 )
25cm超のキスなんて、釣れなかった
久しぶりに倉橋方面に行った。

夜明けとほぼ同時に、テトラで有名なポイントから。釣り始める前の期待はかなり大きい。
釣り開始。久しぶりに上がるテトラは恐~い。滑ってしまえば、間違いなく入院。テトラの間に落ちてしまえば、誰も見付けてくそうにない。行き先は誰にも伝えていない。

1年前は、恐る恐るテトラの上で釣っていたのに。老化現象が。たった1年で年老いたものだ。
魚信もない。早くも、見切る。
魚が釣れないと、見切ったのではない。体が持たないと、見切ったのだ。

次に、南端の背もたれポイント。
潮が引いていて、捨石が丸見え。捨石が見えているところで釣ると、仕掛けをロストするジンクスが昨日できたので、迷わずにパス。

今度は、テトラ前の捨石から投げるポイント。
投げにくいが、仕方なく、ここで耐える。
釣れないので場所移動、と思えば、釣れる。釣ろうかと思えば、釣れない。
どうもハッキリしない。

最後に、寄り道をして砂浜らしきところ。
1投目 来た~! 本日、最高のキス
2投目 とろ藻がどっさり付いて、戻ってくる。
3投目 投げ損ない。ラインがプチン!
それ以降 とろ藻ばかりで釣りにならない。こんなにとろ藻が付いていたら、眼の良いキスでもエサを見つけることができない。
突然、餌を捨てて、帰ってきた。

車の中で、いろいろ考えてみたけど、今後の名案は思い浮かんで来ない。
d0044628_1420591.jpg

[PR]
by angler_susumu | 2005-05-29 14:22 | 釣行記 | Comments(17)
得るものより、失うものが多かった
いきなり近場に出撃。
到着すると、潮が引きまくっていて、捨石がむき出し状態。それなりの場所に移動して、第一投。仕掛けを回収するとき、ラインを捨石に掛けてしまい、仕掛け・電気ウキ・秘密兵器の3点セットをロスト。痛! イカ釣り(ウキ釣り)の仕掛けロストは、2年振りかな。明らかに油断していた。

その後、キビナゴが思いっきりかじられること、3連続。どうして、アタリがわかんないだろう。
ウキがツンツンってことはあったけど。えっ、もしかしてあれがアタリ?
でも、あれはイカのアタリじゃないよ~。多分。何かがおかしい。

アタリが遠のいた。すると、だんだん眠たくなる。仕事が終わってからの夜釣りはやはり眠い。
波止の上に横たわって、ウキを見る。無意識のうちにと、先週のほしいかさんを真似している。違うのは、波止の幅が狭いことと、寝相が悪いことである。ほしいかさんが寝ていた波止の幅の半分も無い。ますます、やばいと思い、納竿の2文字が頭をよぎる。
でも、釣れていない。
 釣れていると「もっと釣りたい」。釣れていないと「1匹ぐらいは釣りたい」。
納竿には、勇気と決断が必要だ。こんなことを思うのは私だけか。

仕掛けを回収しようとすると、ウキが沖に走る。
何かに掛かったのかと思えば、待望の1匹目。
d0044628_0202195.jpg
2匹目を追加して、間もなく、またもや、下段のスッテと秘密兵器をロスト。仕掛けに使ったラインが切れてしまった。痛!
これから潮も満ちて、期待が持てる。隣の人も良型のミズイカを釣り上げていたが、これ以上のロストはしたくないので帰った。
d0044628_020415.jpg
ご覧の皆様、中途半端な釣果と中途半端な釣行記で申し訳ない。
[PR]
by angler_susumu | 2005-05-28 00:23 | 釣行記 | Comments(13)
近場で、キスゴを23匹
週末になったので、釣行記でも書くことにする。
昨日の釣り爺さんのブログを見ていると、今週末はキス釣りの最高のタイミングらしい。
ならば、島にわたって良型のキスを狙いたいのだが、体力の消耗度を考慮し、近場にした。

最初に行ったのは、31号線沿いの自動販売機が横並びにそびえたっている所。ここは、今日は、いや、今日も、ハズレだった。
次に、先週行った呉ポー付近で見定めていた場所。満員御礼で、あえなく撤退。あんなに有名な釣り場だったのか。(汗)
そして、もう一箇所立ち寄り、アタリが無かったので、エサ捨て場みたいな場所に移動した。

ここは、アタリがある! でも、小さい。(悲)
仕方が無い。もう帰宅モードに入っていたし、ここで少々釣ることにした。
3投目ぐらいに、ようやくダブルが来た。
d0044628_13225359.jpg
どうも、このポイントは根掛りか藻掛りがしらんが、底がゴツゴツしている。釣りにくい。
ぼやいても仕方ないので、ここでの攻略法を考えて、試してみた。
1.投げ過ぎない。つまり、ポイントは近い。
 錘は軽くても十分。車にあった一番軽いオモリ(15号)が良かった。
2.牡蠣ひびが随所にあり、キャストできる場所が限られる。投げる方向を熟慮する。
3.1匹掛けたら、欲張らずに確実に取り込む。今日も、アタリを10回以上も逃してしまった。
4.針の本数は少な目が良い。最後には、2本針でやっていました。

エサがあれば、まだまだ釣れそうだったが、本日の300円分がなくなったので、納竿にした。
d0044628_11154996.jpg
あ~、型がもう一回り、いや、もう二回り大きければよかったのになあ。
ちなみに、13~17cm程度の、キスではなくキスゴ23匹でした。
[PR]
by angler_susumu | 2005-05-21 11:16 | 釣行記 | Comments(20)
近場で、うろちょろ
近場でうろちょろしただけでは、釣れなかった。時間も短かった。
先ずは、ベイサイドビーチ坂。釣り人も多く、針を3回ほど根に取られた時点で撤収。
次に、呉ポー近く。細い道を恐る恐る運転して入る。竿を出した場所が、あまりにも浅すぎた。5cmほどのトラギスのアタリも鮮明に伝わってくるが、強いアタリも針掛りしない。途中、ダブルがあったが、取り込みの際2匹ともバレてしまった。7号の針では、大きかったのか、それとも小さかったのか? 謎のままである。ピンギス1匹をGET。
最後に、ココ。

d0044628_1132778.jpg
目の前の牡蠣筏の手前を目指して投げる。思いっきり投げたら、筏にぶつかってしまうくらいの距離だ。筏との中間地点しかアタリは無い。
よく見ると筏が浮いている。筏の下は空っぽだったのだろう。
筏に近い方が良いのかと思っていたが、アタリがあった地点を船が頻繁に往来する。
日記を書いているときに気付いても遅いのだが、船道を狙うべきであった。
キスを2匹GET。
本日はキス3匹と控えめな釣果なので、見飽きたと思われる魚の写真は割愛させていただくことにする。
その代わり、橋の写真を1枚載せて、今日の日記は、the end。
d0044628_1134194.jpg

[PR]
by angler_susumu | 2005-05-15 11:04 | 釣行記 | Comments(5)
新規開拓は、難しい
先週のポイントの周辺を探ろうと思っていた。
朝、目が覚める。体が重い。確かに体重は重い。(汗)
仕事のし過ぎか。いや、そんなことは無い。と思いたい。
単に年のせいなのか。それなら分かる。
目が覚めても、ブログのリンクの体裁をちょっといじって、再度ご就寝。
ブログを開設すると、釣りに行けなくなるものなのか。ならば、・・・

そんなことはさておき、朝10時にようやく出発した。
先週のポイントを通りすぎて、車で1分。なんともいい加減な新規開拓である。
先週より根掛りが多く、キスのアタリは分かりにくい。
釣れたキスはとてもスリムである。もっと、太っていた方が、アタリが分かりやすいのに。
なのに、リールを巻くとやけに重い。
写真に撮るとこんな感じなのだ。
d0044628_16331025.jpg
重たいはずである。
釣れても、グリコのおまけのように、いや、プロ野球チップスのプロ野球カードのように、藻がもれなく付いてくる。終始、こんな感じ。

結局、これだけしか釣れなかった。
d0044628_1633255.jpg

[PR]
by angler_susumu | 2005-05-14 16:35 | 釣行記 | Comments(9)
ミズイカ釣りで、2桁の釣果
キス釣りから帰ってまもなく、Y氏からイカ釣りのお誘いの電話がかかってきました。
7日の18時過ぎに釣り場となる坂町の海水浴場に到着し、竿や仕掛けを準備します。それにしても、多くの釣り人がいます。釣り人の数は、暗くなっても減るどころが、逆に増えそう。加えて、潮の流れも速く、風も強い。これじゃ、お祭りだらけになるとの判断で、場所を移動することにしました。

ところが、「どこに行けばいいのやら」状態。なにせ、イカが釣れる場所を知りません。
呉ポーも人が多いし、31号線沿いの道端からでは、とてもウキ釣りなんてできない。悩みながら、呉方面に車を進め、呉市内の岸壁の様子を見てみることに。人は少ない。問題はここにイカが回遊してくるかどうかです。釣り人に聞いてみると、狙いはイカとのこと。釣れるかどうか分からないけど、他の場所のあてもないので、準備して釣り始めます。
釣り始め10分くらいで、少々小型のミズイカが1杯釣れました。早くも、俄然、期待してしまいます。「ほっとけメソッド」的なウキ釣りで、よくも辛抱して電気ウキを睨み続けるものです。
釣れるのは散発的。それでも、餌のキビナゴはかじられています。
途中、スッテのカンナがミズイカの胴体に掛かって釣れました。写真をまじまじと見ると可哀想。
d0044628_1612473.jpg

結局、翌日午前1時頃までねばって、ミズイカ10杯です。
釣り場をさまよっていたことを思えば、上出来です。
d0044628_1613474.jpg

同行人のY氏は、コウイカ1杯、ミズイカ8杯の釣果でした。
[PR]
by angler_susumu | 2005-05-08 12:00 | 釣行記 | Comments(0)
新規開拓場所で、キス9匹
今年もすでにキスが釣れ始めています。キスは夏の魚という先入観がありましたが、釣ろうと思えば真冬でも釣れます。数はあまり期待しない方が良いようですが。
出始めのキス釣りは江田島湾が手堅いとの情報ですが、先日(5月4日)の実釣では芳しくありません。近場周辺を探ろうとして、出向いたのは吉浦の31号線沿い。自販機がずらりと並んでいる目の前です。

ここで投げ釣りをするのは本日で3回目、過去の2回はいずれも短時間でした。先週、気まぐれに竿を出したこの場所で、3回投げて4匹と感触が良かったもので、検証を兼ねて朝からの釣行となります。
「釣れる場所は、そう簡単に見つからん」というのが、本日の感想となります。道を歩き回り、アタリのある場所を探しますが、キスの食いは渋い。早朝からでしたので山の陰となり少々肌寒かったのですが、これがキスの釣果に影響があるのか、気になるところです。
1匹1匹を拾うような釣りで、それも長くは続きません。午前中で、なんとか9匹を釣ることができました。
d0044628_15382150.jpg

近くで、カレイ狙いの方がいらっしゃいました。つい先日、この場所で30cmを越える良型のカレイを4枚だったか、釣れたそうです。
来シーズンは、この場所でカレイを狙いたいものです。
[PR]
by angler_susumu | 2005-05-07 15:00 | 釣行記 | Comments(4)