キス釣りの外道
魚が釣れない時期だが、ここ2~3年冬ギスを釣りに行っても毎回ボウズで帰ることが続いた。
今年は未だボウズで帰ったことがない。と言っても、釣れても1匹が2匹程度なのだが。
今日もキスは渋いが、重量感のある生命反応があり、丁寧に引き寄せるとなんと良型のアイナメ。
無事にブッコ抜きました。(笑)
d0044628_17172601.jpg


# by angler_susumu | 2018-02-24 17:00 | 釣行記 | Comments(0)
ヒジタタキクラス

d0044628_17172354.jpg
越冬ギスといえば大型のキスをイメージするが、冬に釣れるからといって大型は滅多にお目にかからない。
昨日のシロギスの釣果は1匹だけど、その1匹がヒジタタキクラス。
写真では分かりにくいけど、27cmはありました。


# by angler_susumu | 2018-02-11 17:00 | 釣行記 | Comments(0)
カワハギ狙い
写真が消えていたので代替の写真を再掲しました。(2018.1.20)

先週日曜日の釣行記を遅ればせながら。
梅雨時期にキスの引き釣りをしていると、ここ瀬戸内でも良型のカワハギが釣れることがある。
そこで、肝がパンパンになる時期はどうなのか、カワハギを狙ってみた。
仕掛けはハゲ針3号の3本針。それに本虫をちょびっと付け投げてみた。

すると、1投目でいきなり両型カワハギ。
d0044628_18505134.jpg
続いて、30cm後半のマコガレイが釣れ、出だし絶好調!
カレイはハゲ針に来ました。
ブッコ抜くと、足元にカレイが落ちてきました。

その後、玉網を準備したものの、カワハギもカレイも良型は来ない。
それでも、カワハギは全部で5枚。
小型が混じるのは少々難だけど、久しぶりの大漁。
これも、30cm後半のマコガレイの存在が大きかったためか。
d0044628_18511599.jpg



# by angler_susumu | 2017-12-21 21:00 | 釣行記 | Comments(0)
キス釣り仕掛けのフロート
数年前から、キス釣り仕掛けの先端の針元にフロートを付けている。
同じようなことが地元の釣り情報誌にも紹介してあったこともあり、最近は専ら写真のフロートを使用している。サイズはNo.2かNo.3。
d0044628_16524196.jpg
釣り情報誌には朱色が良いと書いてあったが、私は色指定まではせずいろんな色を試している。
色は全部で5色。基本的には、どの色でも釣れます。
ただ、色によってそれぞれ多少の特徴があるように思います。
d0044628_16532376.jpg
そもそも色による特徴を見出そうとすれば、色以外の要素をすべて同じにして試さないといけないし、同じ傾向がある程度繰り返し起きないとならない。
むろん私一人で実釣の回数は知れたもの。
そんな検証なんてできないので、あくまで「こんな時もあった」的に読んでいただければと思う。

【朱色】   安定的に、喰いがよい。
【黄色】   キスがフロートごと呑み込むことが多い。
緑色】   写真をご覧のように、カワハギはこの色に釣れることが多い。
【オレンジ色】水温が低いなど、活性が低いときに釣れやすい。
【ピンク色】 他の色に比べて、分が悪いような気がしてる。

順番が前後したが、色を問わずフロートを付けた場合の特長としては以下の通り。
・海底から浮いて目立つため、アタリが出やすい
・アタリが強烈出る(直接手に伝わる感じ)
・前アタリなど微妙なアタリが分かりやすい
今のところ、ディメリットは感じていない。


# by angler_susumu | 2017-08-20 18:00 | ちょっとした工夫 | Comments(0)
エギングからの投げ釣り
まずは、近場でのエギング。
d0044628_16321587.jpg

そして、カワハギ狙いのキス釣り。
d0044628_16323333.jpg


# by angler_susumu | 2017-06-18 17:00 | 釣行記 | Comments(0)